春雷節夏


2007年 合同チーム setu 演舞楽曲 「春雷節夏」

春雷節花(しゅんらいせっか)

季節をテーマに歌と踊り彩られる演舞楽曲

四季「春」と「夏」をテーマにしたsetu(せつ)の演舞楽曲

歌詞

春雷節夏

作詞・作曲 佐乃健介

あて無く彷徨えど人の道理(みち)は此処に

いざ進めや風の中へと、輝く季節のもとへ

止め処なく降り注ぐ春の陽射し

美しく儚いこの季節想い

穏やかにそよ風が木々を揺らし

解いては縺れる空模様

此処に降り立ち、共に踊るは人の在りし姿

水は雨となり 雨は川を成す 川は地を下り身を震わす

思い出を包み込む夏の匂い

いとおしく想えばこそ踊る

個々に折り合い、切に願うは

人の歓び哀しみ胸に秘め、切なる想いを分かち合い

光る夜空の月に、照らし出される全ての面影

淡く流れる時の上、踊る心に火を灯す

踊り明かして、巡り行く季節を詠う

e-License:

著作情報

作詞 佐乃健介
作曲 佐乃健介
コンセプト バン
クロ
中井マデーラ綾子
ドラム HERO
レコーディング Sano Creation
プロデュース 佐乃健介
クライアント 合同チーム setu
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る